<< July 2018 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

Ubuntu 10.04 LTS

ついにUbuntu 10.04がリリースされたようだ。

Beta1の頃からupdateしつつ使っていたUbuntuでlsb_release -aで確認してみると、こんな感じになってた。

 

server版のLTSだから5年ぐらいサポートされるはず。

そういえばXFSはカーネルスタックを食いつぶしてよろしくない無いらしい。
普段全然問題ないけど、samba経由で大量にアクセスするとたまにmessagesにkernel_stack:0KBとか出てたのはそのせいなのかな?それが出たときは、Systemが落ちたと思うぐらいにすごく重くなる。

ので、XFSにしてるのをext4に変更しようか考え中。というか、まず2TBx4の小さいボリュームの方はまだ2TBほどしか使ってなかったので、バックアップしてXFSからext4に変更してみた(リストア済み)。ext4はXFSより少し遅い感じ。

もう1個の2TBx16のボリュームは、すでに10TB程使ってるので面倒くさくて、まだやってない。

その前はJFSを使っていて、これがjfsCommitとかいうJFSのプロセスがたまに動いて、それがめちゃくちゃ重かったからXFSに変えたのに、また変更しないといけないとは・・・
ext4は大丈夫なんだろうか?

ps.
バックアップ出来たので、2TBx16のボリュームもext4にしようとmkfs.ext4してみたら、そのデバイスはデカ過ぎるってエラーがでてmkfs出来なかった。調べてみると現状のext4は16TBまでしかサポートしてないらしい。使えネー。

ps.その2
XFSはファイルシステムの不整合をチェックコマンドがボリュームの容量の1TBにつき2GBのメモリ容量を要求する事がわかったので(実際にやってみたら56GB使おうとした)、でかいボリュームには実用的じゃないようだ。設計がおかしいな。

そんなわけでXFSがダメ、ext4もダメって事で、仕方なく結局JFSにした(jfsのfsckであるjfs_fsckはXFSみたいなメモリ馬鹿食いなんて事もなくてちゃんと使える)。jfsCommitが時たま重くなるけど、たまにだからまあ妥協。いま10TBほどリストア中。バックアップは普段からしてたからすぐ終わったけど、さすがに10TBをリストアするのには丸1日ぐらい掛かりそうだ。

ps.その3
その後、結局最終的に2TBx16のRAID6のボリュームを2TBx8のRAID5のボリューム2個にした。ファイルシステムはext4にした。壊れた時もこのほうが復旧しやすいのでまあいいかなっと。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL

http://calves.jugem.jp/trackback/1036

トラックバック

Twitter

search this site.

selected entries

recent comment

  • パズドラ: ムラコレ+ゴッドフェス
    Whellie
  • パズドラ: ムラコレ+ゴッドフェス
    Nelly
  • GW2: ArahとかCoEとか
    Whellie
  • GW2: ArahとかCoEとか
    kanon
  • GW2: Guardian
    Whellie
  • GW2: Guardian
    Awayuki
  • EG-RM410ABK
    Ray
  • EG-RM410ABK
    inshin
  • Fitbit one買った
    Whellie
  • Fitbit one買った
    Ishtar

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Amazon

links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

忍者アクセス

忍者アナライズ

PR